勉強のポイント 皮膚の仕組み 基本構造 精油成分の吸収

皮膚の仕組み

皮膚の基本構造と精油成分の吸収方法は?

皮膚は身体を守る大切な砦です。皮膚の特殊な構造によって、細菌やウイルスの侵入を阻み、また皮膚で繁殖するのを防いでいます。

 

 

その構造をおおまかに見ると、表皮、真皮、皮下組織に分かれます。表皮には、水分と油分が混在しており、これが外敵に対するバリアーになっています。

 

 

アロマで使われる精油や植物油は油ですから、皮膚の油(皮脂膜)と混ざり合って浸透することができます。精油成分は、そのまま真皮層まで浸透して、毛細血管の中に入ります。

 

 

トリートメントでは、血行が良くなる他、皮膚への浸透圧も高めるという相乗効果が起こります。血中の精油成分の変化を見ると、トリートメントから、およそ20〜30分ほどがピークになり、90分ほどで、キレイに消失します。

 

 

アロマやハーブが身体に優しいといわれるのは、ある程度持続しつつも、決して長く刺激しないことにあります。

 

 

ちなみに皮膚とは、人体の内部環境を一定に保つために必要不可欠な 防御壁です。およそ、1〜2ミリの厚さがあり、最も厚いには頭頂部の2.3ミリで、最も薄いのは、瞼の0.6ミリといわれています。

皮膚の仕組み関連ページ

アロマテラピー検定試験(AEAJ)のレベル
検定二級では、アロマセラピーを自分で楽しむための基礎と応用方法を取得したと認定されます。
試験頻出
試験で圧倒的なウエイトを占めるのは、やはり精油の成分や作用、取扱いに関する知識です。
ピンポイント勉強法
最低限、これだけは知っていて(区別できて)ほしい」というラインがあり、資格試験は、それに合わせて問題を作ります。これが問題の6〜7割を占めており、あとは「一つ上のレベル」の問題が加えられています。
法律の問題を知っておく
民間資格であるアロマの場合、それを直接規定する法律はないのですが、他の法律の規定が準用されることになります。
得点アップのコツ
合格点さえ取ればよいので、すべての問題に解答する必要はまったくない。一番怖いのはマークミス。最後にチェックできる時間を捻出するために、わからない知識問題はサッサと捨てましょう。
精油成分の勉強法
一番効率的なのは、原料となるハーブの姿や成長特性をイメージできるのが良い(自然の力を知ることがアロマの目的でもある)試験勉強に限れば、まず、毒性のある精油や成分から覚えると良い。
精油のブレンド
アロマの楽しみといえば、ブレンド方法が無限大にあることです。微妙に配合を変えるだけでも、驚くほど香りが変わります。
問診とパッチテスト
問診が重要。その次にパッチテストをアロマ療法を希望する人には、必ず問診を行いましょう。特別な治療を行っている人の他、医師から強い薬を継続的に投与されている人は、原則としてアロマ療法はおすすめできません。次にアレルギー反応の調べ方について見てみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム アロマ業界 スクール選び 専門用語 勉強のポイント