勉強のポイント 精油成分 ハーブ 毒性 

精油成分の勉強法

精油成分の勉強法は、毒性のある精油や成分から!

一番効率的なのは、原料となるハーブの姿や成長特性をイメージできるのが良い(自然の力を知ることがアロマの目的でもある)試験勉強に限れば、まず、毒性のある精油や成分から覚えると良い。

 

 

光毒性、神経毒、ホルモン類似作用など、特殊な成分を含む精油は少ないので、雑学感覚でアプローチするだけでも知識はグーンと広がります。

 

 

精油の種類はとても豊富です。でも良く使う精油の数は限られています。精油を選ぶとき、化学の知識が必須になります。どんな成分が含まれていて人体にどんな影響を与えるのかを知るためです。

 

 

化学が苦手な人も多いのですが、合格者の多くは、やっているうちにそのまま覚えてしまうようです。また、基本の精油さえ覚えてしまえば、他の精油知識は基本+αで記憶がつながります。

 

 

ラベンダーオイルは、副作用やアレルギー事故が少ないオイルとして、幅広く利用できる最も重要な精油ですのでしっかり押さえておきましょう。

精油成分の勉強法関連ページ

アロマテラピー検定試験(AEAJ)のレベル
検定二級では、アロマセラピーを自分で楽しむための基礎と応用方法を取得したと認定されます。
試験頻出
試験で圧倒的なウエイトを占めるのは、やはり精油の成分や作用、取扱いに関する知識です。
ピンポイント勉強法
最低限、これだけは知っていて(区別できて)ほしい」というラインがあり、資格試験は、それに合わせて問題を作ります。これが問題の6〜7割を占めており、あとは「一つ上のレベル」の問題が加えられています。
法律の問題を知っておく
民間資格であるアロマの場合、それを直接規定する法律はないのですが、他の法律の規定が準用されることになります。
得点アップのコツ
合格点さえ取ればよいので、すべての問題に解答する必要はまったくない。一番怖いのはマークミス。最後にチェックできる時間を捻出するために、わからない知識問題はサッサと捨てましょう。
皮膚の仕組み
皮膚は身体を守る大切な砦です。皮膚の特殊な構造によって、細菌やウイルスの侵入を阻み、また皮膚で繁殖するのを防いでいます。
精油のブレンド
アロマの楽しみといえば、ブレンド方法が無限大にあることです。微妙に配合を変えるだけでも、驚くほど香りが変わります。
問診とパッチテスト
問診が重要。その次にパッチテストをアロマ療法を希望する人には、必ず問診を行いましょう。特別な治療を行っている人の他、医師から強い薬を継続的に投与されている人は、原則としてアロマ療法はおすすめできません。次にアレルギー反応の調べ方について見てみましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム アロマ業界 スクール選び 専門用語 勉強のポイント