JAA認定 アロマインストラクター資格 コーディネーター 試験

JAA認定アロマインストラクター

JAA認定アロマインストラクターは自分で学校を創ることができる

指導者としての活躍の場

 

インストラクター資格を取るためには、まずコーディネーターレベルの素養があることと、指定のカリキュラムを受講して試験に合格することです。

 

インストラクターになると、協会の加盟校などで講師や助手ができるようになるばかりか、自分の学校を持つ道も開かれます。ですが、すぐに独立というのは現実的ではありません。

 

資格を取ったからといって、すぐに教壇に立っても生徒はなかなかついてこないでしょう。まずは、その協会の中でバイトや助手などとして実践を積んでみることをおすすめします。

 

その間に話術やテキスト作成のノウハウが積み上げられ、資金もたまるでしょう。物資と心にゆとりを持って独立した方が、魅力あるサービスが可能になるはずです。

 

 

 

 

JAA認定アロマインストラクター

 

  <認定協会>
    日本アロマコーディネーター協会
  <受験資格>
    協会会員、コーディネーター講座修了者
  <日程>
    年2回(5月ごろ、11月ごろ:要問い合わせ)
  <受験費用>
    受験費用10,500円(登録料なし)
  <試験方法>
    筆記(記述、選択方式)、面接
  <試験範囲>
    ・実務的な講義が中心
       アロマインストラクター入門講座の開講及び指導方法
       インストラクターの役割
       アロマセミナーのおけるレッスンの進め方とポイント
       クラフト作りのバリエーションとその方法 など

JAA認定アロマインストラクター関連ページ

JAA認定アロマハンドリラックス
JAAのマッサージ資格には、次の3つがあります。アロマハンドリラックス、アロマフェイシャルリラックス、そして新たにはじまったチャイルドケアライセンスです。
JAA認定チャイルドケアライセンス
これは、母子の健康管理や健全な育成に、芳香療法やトリートメントを用いることを目的としています。
JAA認定アロマフェイシャルリラックスライセンス
ハンドリラックスライセンスと同様、こちらもすぐに使える技能をマスターする資格になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム アロマ業界 スクール選び 専門用語 勉強のポイント