JAA認定 アロマコーディネタ― アドバイザークラス 資格

JAA認定アロマコーディネーター

JAA認定アロマコーディネーターは他の協会でいえばアドバイザークラスの資格

在宅でも受験可能

 

日本アロマコーディネーター協会(JAA)の場合、まず協会に入会することからはじまります。そして、協会加盟校か指定校で所定のカリキュラムを受けることになります。

 

学校によっては通信教育制度もあり、試験も在宅で可能な場合があります。JAAの場合、他の協会にはない特別な資格があり、多様なマッサージ技術を学びたい人には向いているでしょう。

 

トリートメント手技が必須科目となっていますし、ハンドマッサージ、フェイシャルマッサージと専門的に分化していますので、やりたいことを集中して学べるというのも便利です。

 

そして、AEAJやNARDとの違いは、資格にピラミッド構造がないことです。ですから、コーディネーター資格を持ってなくても、マッサージ資格講座が受講(試験に受かれば資格取得)できます。

 

 

 

 

JAA認定アロマコーディネーター

 

  <認定協会>
    日本アロマコーディネーター協会
  <受験資格>
    協会会員、コーディネーター講座修了者
  <日程>
    年3回(2月・6月・10月:要問い合わせ)
  <受験費用>
    受験費用10,500円  登録料31,500円  年会費12,600円
  <試験方法>
    筆記(記述、選択方式)、小論文(800字程度)
    (通信教育の場合、自宅でも受験も可)
  <試験範囲>
    1、香りの大切さとアロマセラピー
    2、精油の抽出法
    3、アロマリラクセーション
    4、スキンケアのブレンドの比率と香りの相性

    5、人間の脳と嗅覚
    6、フェイストリートメント
    7、アロマセラピーと精油の歴史
    8、精油の安全性
    9、精油に含まれる成分
    10、ルームフレグランスと香りの心理


JAA認定アロマコーディネーター記事一覧

JAA認定アロマインストラクター

指導者としての活躍の場インストラクター資格を取るためには、まずコーディネーターレベルの素養があることと、指定のカリキュラムを受講して試験に合格することです。インストラクターになると、協会の加盟校などで講師や助手ができるようになるばかりか、自分の学校を持つ道も開かれます。ですが、すぐに独立というのは現...

≫続きを読む

 

JAA認定アロマハンドリラックス

バリエーションに富んだ独自のライセンスJAAのマッサージ資格には、次の3つがあります。アロマハンドリラックス、アロマフェイシャルリラックス、そして新たにはじまったチャイルドケアライセンスです。各コースは、それぞれ協会が指定する講座を修了することで、受験資格が得られます。ハンドケアは、お客様も時間をか...

≫続きを読む

 

JAA認定チャイルドケアライセンス

これは、母子の健康管理や健全な育成に、芳香療法やトリートメントを用いることを目的としています。具体的な事例として、協会は次のようなケースを想定しているようです。@母親教室などのセミナー講師としてA産婦人科等の医院で妊婦さんや赤ちゃんのケアのスタッフとしてB友人などの赤ちゃんへのベビーマッサージやベビ...

≫続きを読む

 

JAA認定アロマフェイシャルリラックスライセンス

ハンドリラックスライセンスと同様、こちらもすぐに使える技能をマスターする資格になります。技能や接客がメインですので、基礎知識は別の講座で学んでおく必要があります。これも手軽に体験できるとあって人気があります。近年、医療・福祉分野では、女性の患者や高齢者のケアとして「化粧セラピー」なるものが注目を集め...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム アロマ業界 スクール選び 専門用語 勉強のポイント