アロマセラピー スクール選び ポイント 独学 試験

スクール選びのポイント

スクールの特徴をつかみ、やりたいことのイメージを固めてから選ぶ

資料を与える協会の下に、多くのスクールがぶら下がっています。スクールを運営しているのは協会であったり個人であったりします。

 

スクールの運営費は、協会基本的な教材やカリキュラムを指定されています。それ以外では自由な部分もあるので独自のテキストを加えたり、実践的な実技を多めに取り入れたりしているところもあります。

 

またスクールで受講する特典として、実技や筆記などの一部が免除されることもあります。さらに協会の多くは、セラピスト以上の資格については協会に入会することが必要になっています。

 

独学で試験だけ受けられる協会もありますが、認定証の交付には入会登録が必要になります。このようにいろいろな違いがありますので、スクール選びの段階から、自分のやりたいことを決めておくことが重要です。

 

 

 

 

スクール選びのポイント

 

各協会の特徴

 

ナード・アロマテラピー協会
・精油や症例などの研究が詳しい
・専門的な勉強に強い
・資格はピラミッド構造で、登竜門がアロマアドバイザー

 

日本アロマ環境協会
・知識と実技のバランスが取れている
・独学で試験が受けられる
・資格はピラミッド構造で、登竜門がアロマアドバイザー
(検定1級を合格して専門講義を受ければ、アドバイザー資格も取得)

 

日本アロマコーディネーター協会
・実技が強い
・独学で実践的な資格がある
・ピラミッド構造ではなく、自由に資格試験が受けられる

 

 

 

確認しておきたい事項
・教室の人数や雰囲気
・入会費、登録費、受講料などの費用(学校によって違う)
・テキストや副教材(道具)などの内容(これも学校によって違う)
・そのスクールの特徴(実技に強い、医療関係者が講師など)
・受講有効期間(受講や資格取得に関する期限)
・資格試験の実技試験免除対象校かどうか
・欠席したときのフォローシステム


スクール選びのポイント記事一覧

AEAJ認定アロマアドバイザー

まず、AEAJが主催するニ級、一級の検定試験に合格することが必要です。スクールや通信教育もありますが、二級、一級の検定に関しては、独学での受験も可能です。また、二級を受けずに一級から受験することもできます。検定試験は四択方式でおこなわれ、年間2回開催されます。検定一級に合格すると、協会への登録ができ...

≫続きを読む

 

AEAJ認定アロマテラピーインストラクター

ここからは、かなり本格的に勉強することになります。アロマセラピーや精油そのももの知識、アロマセラピーが人間の精神や身体にどんな変化をもたらすものかを、統一的に学びます。この資格を取得することで、幅広い専門知識があることをPRでき、地域や企業などで講師として活躍する道もあるでしょう。また、AEAJの認...

≫続きを読む

 

AEAJ認定アロマセラピスト

まさに現場で癒しを提供するプロフェッショナル資格になります。実際にお客様の身体に触れ、間違いのない処方を行うためには、アロマの知識だけでなく、人間観察や衛生管理の方法まで学ぶ必要があります。さらにケアやトリートメントの技量も問われますので、日ごろから自分で試すのも効果的な勉強となるでしょう。試験範囲...

≫続きを読む

 

NARD(ナード)認定アロマアドバイザー

ナード・アロマテラピー協会(NARD)の特色は、まず会員に登録して、所定の講義を受けることで受験資格が得られることです。学習内容は濃厚ですが、すべてが必要なわけではありません。ただテキスト自体が充実しているのであとで調べ物をする時には、かなり役に立つようです。また講義では、実際に精油を使ったコロン、...

≫続きを読む

 

NARD認定アロマセラピスト

この資格は、アドバイザー資格の認定を受けてからチャレンジできるようになります。これまで学んできた知識を、プロとしてさらに深めるのと、実際のトリートメントを体感してみるのが主眼にあるようです。原則として、講師は受講生1人ひとりに合ったマッサージ法やアプローチの仕方を指導。受講生各自も自分に合ったやり方...

≫続きを読む

 

NARD認定インストラクター

プロを育てるプロを目指すお客様だけでなく、プロを目指している人たちの導きになる資格で、協会の認定する学校や機関などで、講師や助手として活躍できるようです。さらに協会の認定を受ければ自分でアドバイザー資格認定校を開校できるようになり、活躍の場がどんどん広がるでしょう。受験資格は、アドバイザー資格者であ...

≫続きを読む

 

NARD認定トレーナーライセンス

NARDでは最高峰。アロマ知識はゆるぎないものにトレーナー資格を取得すれば、インストラクターを育成する学校を自分で開設する申請ができるようになります。トレーナーコースのカリキュラムは、かなり専門的な薬理学や有機化学まで踏み込みます。この分野が苦手でも、それまでの積み重ねが相当ありますので、そんなに気...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム アロマ業界 スクール選び 専門用語 勉強のポイント