アロマ系 お仕事 専門用語 

アロマに関する用語説明

アロマ系のお仕事に役に立つ専門用語

マッサージハイ
マッサージを行う者(施術者)がクライアント(お客様)へのマッサージを通して気分が高揚し、体調が改善するという反応。施術による反射作用と思われるがクライアントの代謝変化の影響や、精油が持つ波動(エネルギー放射)の影響などいう説もある。専門分野によって解釈が分かれる。

 

波動(エネルギー放射)
物質を組成する粒子には固有の振動エネルギーがある。この眼に見えない力を治療に活かそうとしたのが有名なマハリシ・アーユルヴェーダ。

 

アロマセラピーの精油
アロマセラピーを目的とした精油(エッセンシャルオイル)は原則として100%天然物の使用が推奨されている。心身の不調を改善することが期待される成分は、こうした精油に含まれている。

 

ハーブティ
もともとは、「薬」として定着していた伝統療法。ハーブは古来から高値で取引きされ納税対象にもなった貴重な植物。主に乾燥した葉を用いて、茶として楽しむが多くのハーブは生葉の方が風味豊か。なお茶ガラにもハーブ成分が残っており、植物の有機肥料、靴やゴミ箱の脱臭剤、部分浴などに利用できる。残ったハーブティも、冷ましたあとに消臭剤として利用したり、ガーデニングのアブラムシ除けのスプレー剤になる。あますところなく使う知恵こそハーブの醍醐味。

 

セラピーとテラピーの違い
セラピーは英語読みのケースで、テラピーはフランス語の発音。どちらも同じ意味だが、アロマ療法に関する目的や活用法については国ごとに違いがある。

 

ハ―バリスト
漢方の専門家のようなもの。広範囲の薬草や治療法に卓越しており、より自然思想の強い専門家といえる。

 

アロマ資格の通用性
日本でのアロマ資格は主に国内でのみ有効。海外には、国際的にも通用する資格がいくつか存在する。国際資格を取るためには留学の必要があるが、最近、日本校の開設も進められている。

 

英国人家庭の薬箱
ガーデニング王国でもあるイギリスでは、カモマイル(ティ)はカゼ薬や睡眠導入剤の代わりとして活用され、ラベンダーは傷の治療の他、衣服の防虫剤などに使われている。庭から収穫したハーブをそのまま使っており、四季折々の生活と密着している。

 

ラベンダーオイル
フランスの化学者ルネ・モーリス・ガットフォゼが実験中に火傷を負う事故にあった。そこで民間療法で伝えられていたラベンダーを試したところ、驚くべき効果があり
アロマ研究に没頭。「アロマテラピー」という言葉は、彼が発表した論文での造語。

 

「人体に有効」と表示できない」
植物には薬物と同じ成分が微量ながらも含まれている。製薬された薬剤にしても植物由来のものが少なくないので当たり前。しかし、だからといってハーブや精油が「人体に有効」とは表記できない。

 

アロマが民間医療なワケ
アロマ(芳香療法)系や各種マッサージ業が医療と扱われないのは、個人差が大きく有効性や効果に大きな揺らぎがある(心理学でいうハロー効果やプラシーボ効果)からである。「万人に通用する」「ナチュラル素材で確実」という広告を許せば、大問題に発展する恐れがある。消費者保護の観点からも求められている。

 

インセンスアロマセラピー
香によるアロマセラピーのこと。治療の起源は古代インドやエジプトなどにあり、現代人にとっても手軽で人気が高い。日本の「線香」はクスノキ科の樹皮に白檀などと混ぜて作られるが、こちらにも有意な成分が含まれている。

 

日本最古の香木の記録
日本書記によれば、595年、偶然海岸に漂着した流木を燃やしたところ、とても良い香りがしたので朝廷に献上した、という記録が残されている。やがて平安期になると宮廷貴族の間で部屋で焚いたり、たきものあわせという香り当ての優雅な遊びが流行した。

 

魔女が森に棲む理由
貴重な薬草の中には、特殊な環境でしか生育しないものがあり、有効成分を深夜から夜明けにかけて蓄えるものもある。魔女たちは最もよい時期を狙って収穫するため夜な夜な森を徘徊するとも考えられる。

 

毒を制する者たち
ハーブの中には致死性の猛毒を持ったものも少なくない。例えば首切り台の下に生えるマンドラゴラは、根に強い神経毒を含んでいるが、魔女や修道士らは、これを麻薬、強壮剤として活用する術を持っていたので、権力者から保護された。マンドラゴラの成分は、近代麻酔の基礎となっている。

 

ジギタリス
英名「フォックスグローブ」はとても優美なハーブだが、動物が避けて通るイヤな匂いがする。強心配糖体(ジギトキシン、ギトキシンなど)が心筋に作用する。18世紀まで、心臓疾患の治療薬として活用されたが、毒性が強いのが難点であった。後年「ケジギタリス」という近隣種が見つかり、安全性が高まった。

 

芳香薬剤
工業化学薬品やアルコールで芳香をつけたもので、微量の精油成分を含むことがある。芳香自体を楽しむにはなんの問題もなく、むしろ天然精油よりも芳香が豊かでバリエーションに富むことがある。

 

芳香の成分
匂いを持つ有機化合物は、炭水化物、アルコール、アルデヒド、アミン、エステル、カルボン酸、ケトンなどを挙げることができる。主な特徴として、化学構造上含まれる炭素数が16個以下のものに、強い芳香のあることが知られている。

 

薬事法
医薬品、医薬部外品、化粧品、医療用具などの品質や有効性・安全性を確保する目的で創設された法律。製造、販売、輸入などに関して規制をかけ罰則もある。アロマ用品の場合、一般人に成分を表示して「有効である」と説明することは禁止されている。

 

精油の製造と販売
オリジナルの精油を製造、販売するためには、一定の設備と管理方法を用意して、許認可を受ける必要がある。またオリジナルブレンド物の使用は個人利用の範囲で許容されているので、他人への配布や販売は原則禁止(要許認可)。

 

本物の精油が高いワケ
中世の時代からスキンケア用品として人気のあるメリッサ水。レモンバームというハーブが原料だが、抽出には大量のレモンバームが必要で、ほんのわずかしか採取できない。この他、カーネーションやヒヤシンスなども抽出が難しく、希少価値が高い。

 

精油製造の商業価値
精油製造には多大な労力と設備が必要であり、マーケットも限られているのが現状。過去、日本でも瀬戸内海近辺に精油工場が存在したが採算が合わず閉鎖された。現在では輸入物が大半。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム アロマ業界 スクール選び 専門用語 勉強のポイント