アロマセラピスト ストレス緩和 カウンセリング マッサージテクニック

アロマセラピスト

アロマセラピストはカウンセリングとマッサージテクニックの融合

心身の疲れを解放する魔術師

 

サロン(お店)に来るクライアント(お客様)は、とにかく心身のリフレッシュを望んでいます。セラピストとして、まずクライアントの悩みや希望を的確に聞きます。

 

そして症状に合ったオイルを調合したり、柔軟なトリートメント技術を駆使するのが主な仕事です。お客様の変化や喜びを肌で体感できるのが最大の魅力。

 

さらに、サロンを開けば地域での活動となりますので、身近な人たちを笑顔にしてゆく満足感はひとしおです。またトリートメントだけでなく、カウンセリングや情報提供という役目もあります。クライアントの状態に合ったオイルやトリートメント方法を親切丁寧に指南することで、リピーターも増えてきます。

 

 

 

 

アロマセラピストの仕事
  <お客様層>
   ・店舗に来店される一般の消費者(主に女性)
  <取扱い商品>
   ・精油(エッセンシャルオイル)およそ30〜60種類ほど
   ・化粧水、石けん、スキンケア、ヘアケア用品
   ・ハーブティや自然食品
   ・雑貨用品(アロマキャンドルやアロマポッドなど)
  <仕事内容>
   ・リラックスしやすい雰囲気作り(インテリア、会話など)
   ・お客様の希望や相談を聞いて、体調や症状をカルテにまとめる
   ・精油や植物油などをブレンドして、お客様に合うトリートメントオイルを作成
   ・トリートメントの施術
   ・お客様に合った日常のケアアイデアの提案
   ・お客様に合った商品の紹介(使用上の注意事項)
   ・アロマに関心のあるお客様にワンポイントレッスン

  <こういう人材が望まれる>
   ・お客様の健康や安全を何よりも大切に思える人
  (十分な知識を持ち、なにが危険かしっかりと把握できる人)
   ・商品を押し付けず、相手の希望に耳を傾けられる人
   ・好奇心が強く、アンテナが拡げられる人(新しいトリートメント技術などを積極的に開拓できる人)
   ・お客様への施術を通して自分もリラックスしたいと思える人

アロマセラピスト関連ページ

癒し系サロンのタイプ
癒し系サロンは、アロマテラピーを中心とした「トリートメント系」からだのコリを解きほぐす「マッサージ系」心に抱えるストレス解消の「ヒーリング療法&セラピー系」の大きく3つのタイプに分かれます。
アロマ系のお仕事
アロマ系のお仕事を、大きく分けると3つの分野に分けることができます。
アロマの仕事のメリット
なによりも魅力なのが、店に来るお客さんから笑顔がこぼれることです。トリートメントを行うセラピストなら、お客様のウっトリする顔と、施術後の笑顔に大きな喜びを覚えます。
アロマアドバイザー
ひと口にハーブやアロマといっても、驚くほどの種類があります。それぞれの特徴があり楽しみ方も多岐にわたります。
アロマインストラクター
アロマがなぜ効くのか、人体にどう影響しているのか、なにをやったら危険なのか。それぞれを専門的にマスターし、わかりやすく説明できる人がインストラクター(トレーナー)になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム アロマ業界 スクール選び 専門用語 勉強のポイント