アロマアドバイザー コーディネイター アロマ ハーブ 商品選び

アロマアドバイザー

アロマアドバイザーはアロマとハーブ効果的な利用法を提供

ひと口にハーブやアロマといっても、驚くほどの種類があります。それぞれの特徴があり楽しみ方も多岐にわたります。アドバイザーの主な職場は、専門店やカルチャースクール、市民講座などになります。そこではアロマのスペシャリストとして、目的に合った使い方、効果的な利用法、間違いのない商品選び、生活での楽しみ方などを案内します。

 

現在、アロマブームに乗って悪徳業者がはびこっていたり、間違った使い方からトラブルも生じています。ストレスの処理に困った人たちが、店舗で商品を手に取ります。

 

このとき、お客様の目的に合った最大限の活用方法や楽しみ方を案内するのがアドバイザーの仕事です。今後は、アロマテラピーの導入を考えている医療機関や福祉施設などに、的確なアドバイスを行うなど、アドバイザーの活躍できるフィールドは拡がっていくことでしょう。

 

 

 

 

アロマアドバイザー(コーディネーター)の仕事
  <お客様層>
   ・店舗に来店される一般の消費者
  <取扱い商品>
   ・精油(エッセンシャルオイル)およそ30〜60種類ほど
   ・化粧水、石けん、スキンケア、ヘアケア商品
   ・各種クラフト用品(スキンクリーム、石けんなどを自分で作るための器具やキット)
   ・ハーブティや自然食品
   ・雑貨用品(アロマキャンドルやアロマポッドなど)
  <仕事内容>
   ・お客様の希望や症状に合った精油の紹介、使い方の案内(ブレンド方法や特徴なども説明)
   ・各種ケア用品の特徴、使用上の注意などの説明
   ・アロマクラフト用品の使用法やアイデアの提案
   ・お客様の希望、症状に合ったハーブティの紹介や美味しい飲み方
   ・雑貨用品の使用法や注意点など
  <こういう人材が望まれる>

   ・ハーブやアロマが好きな人
   ・商品を押し付けず、相手の希望に耳を傾けられる人
   ・好奇心が強く、アンテナを拡げられる人
   ・お客様の健康や安全を何よりも大切に思える人

アロマアドバイザー関連ページ

癒し系サロンのタイプ
癒し系サロンは、アロマテラピーを中心とした「トリートメント系」からだのコリを解きほぐす「マッサージ系」心に抱えるストレス解消の「ヒーリング療法&セラピー系」の大きく3つのタイプに分かれます。
アロマ系のお仕事
アロマ系のお仕事を、大きく分けると3つの分野に分けることができます。
アロマの仕事のメリット
なによりも魅力なのが、店に来るお客さんから笑顔がこぼれることです。トリートメントを行うセラピストなら、お客様のウっトリする顔と、施術後の笑顔に大きな喜びを覚えます。
アロマセラピスト
高度な知識と技能を併せ持つスペシャリストで、西欧世界では、すでに医療行為と密接に結び付いている。治療や投薬の効果を高めたり、患者のストレス緩和を目的にして成果を上げている。
アロマインストラクター
アロマがなぜ効くのか、人体にどう影響しているのか、なにをやったら危険なのか。それぞれを専門的にマスターし、わかりやすく説明できる人がインストラクター(トレーナー)になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム アロマ業界 スクール選び 専門用語 勉強のポイント